心の癒し自然の音~音景色のお店~ 

心の癒し、自然の音~音景色~
川の音や波の音などの自然の音(環境音)と写真を集めています。写真はE10とD70で撮っています。
自然を集めた環境音の試聴、ご購入は...
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
春の味覚といえば...たけのこ!
20050423134733.jpg



スーパーへ行くと野菜がずいぶん安くなり、冬に比べて色んな種類の物がたくさん並んでいます。
葉ものも多く、山菜やタケノコなんかも並んでいます。
やはり暖かくなると野菜もたくさん育ち、おいしく実って来るんですね。
どれもおいしそう。
春はそういった意味でもうれしい季節ですね!

昨日は早速タケノコをゲット!
なんと、朝堀りで390円!安くないですか?
結構大きくって、あく抜きするのにお鍋に入らない位...。
なんとかなんとか入ってもらって、あく抜き完了。

この後、皮をつるりん!とむいていくのがすきです。
最初はがしっとしていてかたいけど、つるっとむいていき、きれいな黄色のやわらかいタケノコが出てくると、なんだか気持ちいいんです。で、いつも悩むのが、どこまでむいてくの~?ってこと。頭は△になるまでむいてしまうとなんだかもったいない気がして、微妙に□の状態でやめてしまいます。
で、皮の下の方のやわらかそうな所は切ってお吸い物に入れてしまいます。
もったいない、もったいない。

下の部分も、どこまで食べられるんだろう...と悩みます。
堅く灰汁が強すぎるのも嫌だしな、と思いながら。

あく抜きするときにぬかを入れますよね。
なぜだた知っていますか?
たけのこのえぐみの成分は、ぬかに含まれるカルシウムと結合して中和されるからだそう。
カルシウムの多いわかめとの炊き合わせが良いのもこのためなんだとか。

とりあえず買ってきたその日はタケノコご飯と若竹煮とお吸い物、これは定番。
タケノコの日には昆布も奮発。
わかめも旬で生の採れたてが出回ってますよね。良くできてるなぁ。

で、それ以外のレシピはというと、天ぷら、木の芽和え位しか思いつかない。
まだ半分残っています。
なにかいいレシピあるかなぁ?



たけのこは日本では古くから食べられていたようで、「古事記」にも登場しています。
しかし、現在一般的に食べられているのは、孟宗竹(もうそうちく)というそうで、日本に入ってきたのは江戸時代だそう。
とはいえ、タケノコといっても70種類もあるそうです。
先日、お散歩中にマンションの脇にタケノコを掘った跡を見つけたのだけれど、アレはなんだったんだろうか。食べたのかな?食べれたのかな?私も思わず探してしまった。^^;

ここでたまには為になる話をば...。

【タケノコの選び方】
* 形  : ずんぐりむっくり
* 重さ : ずっしり感のあるもの
* 皮 : 湿り気があってつやっぽいもの
* 頭 : 黄色くきゅっと締まったもの
(緑のものは陽に当たりすぎでえぐみが強く固い)
* 根本 : 赤いつぶつぶの少ないもの

by Aria(おと景色スタジオ

人気Blog Ranking 今日も応援ありがとう。
1クリック♪よろしくです。



スポンサーサイト
コメント
子供の頃・・・
あんなにキライだった竹の子が、大人になると好きになるんですよね~。
北九州に「合馬(おうま)の竹の子」という全国的にも有名な竹の子があります。
それはそれは美味しくて、値段も高いのですが、この時期になると買い求めてしまいます。
大手スーパーやデパートなどでも扱っていると思いますので、お試しあれ!
竹の子の雑学、為になりました!!
あく抜きは「お米のとぎ汁」でもいいと聞きましたけど、やっぱ糠の方がいいのかな?
2005/04/25(月) 09:46:30 | URL | Musicman #-[ 編集]
Musicman さんへ
合馬の竹の子、早速ネットで調べてみました。すごーくおいしそうですね!!値段が語ってますよね。
\4800/1kgとなっていました。(◎_◎;)
ぜひぜひ、試してみたいです!

「お米のとぎ汁」でも良さそうですよね...。試したことはないですが。
少し違いますが、家庭にある小麦粉やお味噌でも代用できるんそうですよ。
濁った液というのは、目に見えない小さい粒子が浮かんでいる状態で、その粒子がアクの成分を吸着する、ということだそう。
この理屈で言えば、「お米のとぎ汁」ってOKそうじゃないですか?

2005/04/25(月) 20:42:15 | URL | Aria #GaU3vP2.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. template by kayoEgawa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。